ホームページを作るための基礎知識

ホームページはHTML形式のテキストファイルです。

HTML形式のテキストファイルを専用のウェブブラウザというソフトウェアで表示すると、HTMLで指定した通りに表示されます。 また、見た目に関する指定はHTML形式のファイルとは別に、CSSというテキストファイルで指定することができます。

作ったHTMLファイルは、他の人からアクセスできるようにサーバに置いておく必要があります。 一般的にはレンタルサーバを借りて、そこにファイルを置くことになります。

HTML、CSSを覚えるのは敷居が高いという場合は、ブログを使ってホームページを作ることができます。 ブログはWordpressのように自分でレンタルサーバを借りてそこにインストールするタイプと、 ブログサービスを提供しているサイトのサービスを利用するタイプがあります。

リンク集

自動相互リンク集GF PR別相互リンク集 AKB48PR-Link 乳酸菌サプリ 黒酢サプリ 童話 ショッピングカート カウンセラー サプリメントの選び方 ドライアイ対策